本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージの自動アップロードとは?

オンラインストレージは、ファイルが保存された時にアップロードされる機能が備わっています。

わざわざ手動でストレージに保存する訳ではなく、自動的に保存されます。

複数台接続されている時でも、自動保存されます。

 

WEBでデータを保存できるストレージ

オンラインストレージとは、データを保存できるサービスです。

フラッシュメモリなどにデータを保存している方々も多いですが、メモリーと違ってWEBに接続しておく必要があります。

ちなみにフリーメールにも、それと似た機能が備わっています。

フリーメールを使用したい時には、WEB接続された状態でメールのサイトにアクセスし、そこでメールの下書きを作ったら一旦は保存する事も可能です。

ただし下書きは、パソコン内に保存される訳でなく、メールのサーバー内という保管庫にデータを保存しておくイメージです。

その際には、メールに関するテキストデータや画像データなどが、サーバーにアップロードされた状態になります。

それと同じく、ストレージもサーバーにデータを保存できる訳です。

ただしフリーメールと違い、大容量のデータを保存でき、ストレージによっては、その保存が自動実行されます。

ストレージの自動保存の機能とは

多くのストレージでは、保存する為に所定の操作を行う必要があります。

例えば、ファイルのドラッグアンドドロップです。

パソコンをストレージにアクセスした状態にして、保存する為のページを開き、パソコン内にあるデータをそのページの所定箇所にドラッグアンドドロップします。

するとデータがストレージの所定箇所に移動もしくはコピーされ、そのまま保存ボタンなどをクリックすると、ストレージにファイルを保存できます。

よって、保存する為にはドラッグアンドドロップ保存ボタンのクリックという2つの作業を実行する必要があります。

保存ボタンのクリックが完了しない限りは、保存されません。

ところがストレージによっては、わざわざ保存ボタンのクリックをしなくても、自動保存できる機能が備わっています。

「全て」のストレージに備わっている機能ではありませんが、パソコンと同期されている状態なら、基本的には自動保存できます。

例えばパソコンで、表計算ソフトによるデータを作成し、万が一に備えてその表計算ソフトのデータをストレージに保存したとします。

その後で、その表計算ソフトのデータを変更して新たに数字の入力や関数なども作り、改めてデータを保存したとします。

するとストレージに保存されていたデータも、自動的に上書き保存される訳です。

多くのストレージでは、一旦は保存されたデータを変更したい時は、上述の「保存ボタンのクリック」などの作業が必要ですが、自動保存の機能が備わっているストレージなら、わざわざ保存ボタンをクリックする必要はありません。

パソコンがストレージと同期されている状態なら、自動的にファイルの変更や保存などを行ってくれるからです。

それは、何も表計算ソフトを保存した時だけではありません。更新時も同様です。

そもそもパソコン内にあるフォルダのデータは、たまに更新される事があります。

例えば上述の表計算ソフトのデータがAだとして、その後改めて新しいBというデータを作成し、Aと同じフォルダに保存する場合があり、フォルダが更新された形となります。

この時、自動保存の機能があるストレージなら、フォルダが更新された時でも自動保存されます

あくまでもパソコンと同期されている必要がありますが、わざわざ保存ボタンをクリックする必要も無いのでとても便利です。

複数パソコンのデータも自動的に保存可能

ちなみに法人向けのストレージですと、複数台のパソコンで使用している事もあります。

その各パソコンのデータも、自動的に保存される訳です。

ですから例えば、ストレージに「共有データA」というフォルダを作成したとします。そのストレージに接続されたパソコンBにあるデータが、ある時に保存されました。保存された時点で、BにあるパソコンはAに自動保存されます。

Bとは別のパソコンCも同様です。Cで自動保存されれば、直ちにAにデータが保管されるので、パソコンCの利用者がパソコンBのデータの一部を見る事もできます。

いわゆるデータ共有できる状態になるということになります。

人数が多い企業ですと、データ共有を効率化したいと望んでいる事も多いです。

自動保存が可能なストレージなら、速やかにデータを共有できる状態になりますから、とても便利です。

ただ上述の通り、「全て」のストレージに自動保存の機能が備わっているとは限らず、現時点では、一部のストレージにその機能が備わっています。

 

ストレージによっては、わざわざボタンのクリックやドラッグなどの作業を行わなくても、自動的にアップロードできる訳です。

ボタンのクリックという作業が不要になりますから、とても効率的です。

ただしパソコンは、オンラインストレージに同期しておく必要があります。

サイト内検索

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ