本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

クラウドストレージとは何?

クラウドストレージとは何?

個人はもちろん法人で利用することにより、仕事を効率化させることができるなど、様々なメリットがあることからクラウドストレージの導入をしている企業も増えており、実際に現在導入を考えている人も多いのではないでしょうか。
データ保存だけでなく、ファイル共有や共同作業にも対応しているなど、活用の幅はかなり広がっています。
しかしいざ導入するとなれば、どれを選んだら良いのかで悩んでしまう人が大半です。
導入しようと考えていても、その仕組みや使い勝手の良し悪しをきちんと理解している人が少ないことから、より悩むことにつながってしまっているのが現状です。
数ある中から一つを選ぶためにも、まずはクラウドストレージとは一体何かということをきちんと理解しておくことが必要となってきます。

 

クラウドストレージの内容や活用方法について

オンラインストレージとの違いがわからないという人もいますが、クラウドを利用して提供されるオンラインストレージサービスであり、この二つは同じ意味だと認識しておいて問題はありません。
バックアップやファイルサーバー、災害対策はもちろんのこと、データの移行やコンプライアンスを始めとした、企業のビジネスにおき様々な活用ができ、今では身近な存在となっています。
従来行なっていたように、自社でストレージを構築しようとすると、費用はもちろん時間もかかってしまったり、バックアップの対策をしたり、日々増えていくストレージ容量を予測するなど、様々な手間がかかり時間を費やすことになってしまっていて、本来の仕事に支障が出てしまうことにもつながっていました。
しかしクラウドストレージを利用することによって、自社でファイルサーバー環境を構築、保守する必要がなくなり、低いコストでクラウド上に必要な分のデータを保管することができ、面倒な手間も一切かかりません。
ストレージ容量を変更することもできるので、必要に応じて容量を増すことができるのはもちろんのこと、減らして経費削減をすることも可能になっています。
データの保管や取り出しは、量は関係なく、いつでもウェブ上のどこからでもできるので、より仕事の効率化につながります。

 

サービスを導入するメリットについて

・導入すればインターネットさえ使うことができる環境が整っていれば、どこからでもアクセスすることができるので、パスワードを共有する会社の人ならば手間なくアクセスができ、緊急にチェックしなければならない場合でもすぐに対応することができるというメリットがあります。
共有だけではなく共同での作業もできるので、かなり便利であり仕事が効率化することは間違いありません。
サーバーの管理や運用業務の必要もなくなるので、本来の業務に集中することにつながります。
業務効率化だけでなく企業に利益を生むことも可能となっています。
・いつでも容量を増やしたり減らしたりすることができるので、無駄なコスト削減をしたい時にも役立ちます。

 

どれを選ぶのかがポイントとなってくる

日本はもちろん海外など数多くの選択肢があり、選ぶことができるというのは良いことですが、良いものもあればそうではないものも存在しているということも忘れてはならず、選ぶ時には慎重になる必要があります。
個人向けの無料サービスのものもあれば、法人向きの有料のサービスなど様々であり、料金やサービス機能など異なる点は多々あります。

〇選ぶ際の注意点
①選ぶ際にはまず料金に目がいってしまいがちですが、本当に必要なサービス機能が整っているのかということに注目しておくべきです。
もちろん機能が充実しているものはその分料金も高くなるので、本当に必要な機能があるものを選びましょう。
不要な機能までついてしまっていると、料金が高くなるというだけではなく使い方が複雑になってしまい、使いこなすことができないという事態にもなってしまいかねないので注意しましょう。
②個人での利用はもちろんですが、企業として導入する場合にはさらにセキュリティ面には注目しておかなくてはなりません。
セキュリティがしっかりとしていることや、サポート体制が整っているのかということが重要になってきます。
あまりトラブルが起きたということを耳にすることはないので、どれを選んでも安全に違いないと考えてしまいがちですが、どれを選ぶのかによるリスクの大きさにはかなりの差があることを忘れてはいけません。

〇まとめ
データの保管やバックアップを簡単にしたり、ファイルを共有して使うことができ共同作業も可能など、ありとあらゆるメリットがあり、今の時代では企業として導入することが当たり前になりつつあります。
作業の効率化にもつながり、コストを抑えたりリスクの回避など様々な魅力があります。
しかしどれでも同じというわけではなく、それぞれに料金や機能、セキュリティ対策やサポート体制など異なる点が多岐にわたるので、よく比較してから選ぶべきです。
自社の要件を満たすことができ、無駄なく良いサービス内容のものを導入することによって、より効率化させることにつながるのではないでしょうか。