本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージがサーバーダウンを起こさないために対策をしよう

万が一の事態に備えることは、ビジネスの基本です。

自分自身でも行いますし、何らかのサービスを受ける時にはそのサービス提供者がどんな対策をしているのか知っておく必要があるでしょう。対策の内容から利用する業者を選ぶのもひとつの手段です。

 

 

 

一か所ではなく複数の拠点で分散運用

パソコンやサーバーを使うには電気が必要です。自社内のパソコンやサーバーなら、自社内の電気さえ通っていればとりあえずは利用できます。しかし日本は地震が発生する可能性が高く、どこでどれくらいの規模の地震が起きるかの予測はできません。予測ができたからと言って、それ以外の場所で業務を行うなどは効率が悪くなる可能性があります。東海地方などは長らく大地震が来ると言われながら今のところは来ていません。明日来るのか、100年後なのか正確な予測は難しいとされます。大きな地震が来ればオンラインストレージを運営している業者においてもトラブルが発生する可能性があります。当然のことながら電気が必要ですし、インターネット回線などの設備も必要です。

もしある一か所に集中させていると、そこに地震が来た時にサービスが続けられなくなる可能性があります。サーバーダウン対策として行われているのは、一か所ではなく複数か所で分散して運用する方法です。関東地方と関西地方に拠点があれば、どちらかで地震が起きてダウンしたとしても、もう一方が稼働していればダウンを避けられます。複数機関設置して、互いに同期を取り合っていれば各地で同じデータを維持できます。今注目されているのは日本では沖縄です。本土に比べると地震に対するリスクが少ないためです。さらに大陸などの外国に設備を設置する業者もあります。海外のサービスだとそもそも海外に拠点があり、世界に分散して運営しているところもあります。

一定間隔で設備を新しく更新する

パソコンを使っていて実際にトラブルに遭う人はあまりいないかもしれません。しかし現実にはかなりトラブルが起きています。良く聞くのはウイルスなどへの感染でしょう。インターネットなど外部との接続機会が多くなったからかもしれません。ほかにも、パソコンが突然使えなくなるトラブルがあります。ある日急に電源が入らなくなったり、使いたいデータが利用できなくなるなどです。パソコンは日々使っていると少しずつ消耗します。一応少しずつ兆候があるものの、ある時急に使えなくなります。ハードディスクにも一定の寿命があるとされ、何十年も使い続けられると考えるのは良くありません。

オンラインストレージにおいても多くのハードディスクなどのストレージが使われ、管理をするための設備などもあります。もしハードディスクが破損をすれば、サービスの提供ができなくなる可能性が出てきます。サーバーダウン対策として業者が行っているのは、一定期間ごとに設備を新しく更新することが挙げられます。運営業者は大きなハードディスク一台で運営しているわけではなく、一定規模のハードディスクをいくつもつなげて運営をしているところが多いです。100台あるとしたら、毎日1台ずつ更新するなどすればトラブルが発生する前に対応ができます。一般の会社でサーバーなどを使うときは故障をしてから対応するなどが多いですが、故障をする前に問題を把握して対応するので、トラブル発生を抑えることができます。

自家発電装置などが止まらない仕組み

電気を使う仕組みにおいて、停電などで電気が使えない状態になるのは非常に困ります。停電が起きる可能性として、雷など一時的な要因で発生したり、地震などで電線が断線したりすると長期的に使えなくなる可能性があります。さらに近年は発電所の電力不足による計画停電が懸念されます。パソコンなど電気を使う業務を行う会社などでは、電気が使えない間仕事がストップする可能性があります。

オンラインストレージを運営する会社においても、当然ながら設備のある地域において電力がストップすればサーバーダウンになる可能性があります。UPSは一時的なダウンに対応するもので、長期的に電力がない状態だと対応できなくなる可能性があります。大手の業者が行っているサーバーダウン対策としては、自家発電の仕組みを用意して、電力会社からの供給が無くても問題なく稼働できるようにしています。自家発電にはいくつかの方法がありますが、太陽光などの自然エネルギーを使ったものや、ガスなどを利用して発電する仕組みなどを持っています。自家発電装置の扱いは業者によって異なり、日常的な電気の供給を常にそちらから受けるようにしているところもありますし、緊急時のみそちらに切り替えて行うところもあります。それぞれの業者が電気の供給をどうしているかは、ホームページなどに記してあるところもあるのでチェックしましょう。

一か所で運営していると、そこで問題が発生した時に大きな影響を受けます。複数の場所で分散運営すれば、リスクが分散されます。故障しやすいハードディスクは、故障前に取り換えるようにするとトラブルを抑えられるでしょう。