本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

法人向けクラウドストレージを導入する際の注意点

法人向けクラウドストレージを導入する際の注意点

クラウドストレージは仕事の効率化にかなり役立ち、簡単にデータを移行できたり老朽化してしまうという心配もないなど、様々なメリットがあります。
個人はもちろん、企業が導入するのは当然といえるのではないでしょうか。
しかし、一口に言ってもその種類はかなり豊富にあり、提供している企業は日本さもちろん世界中にあることから、どれを選べば良いのかで悩んでしまうのは当然のことと言えます。
個人に向けた無料のものもありますが、法人となれば、法人向けのものを導入するべきです。
法人に向けたものも数多く存在しており、導入に必要となる費用にも大きな違いが生まれます。
高額ならば良いものに違いないと考えてしまいがちですが、それぞれの企業により適しているものには違いがあるので、どれが自分の企業には適しているのかということをよく考えて選ぶことがポイントとなってくることは間違いありません。

 

料金形態と機能をしっかりチェックする

どんなものでも大差はないと考えてしまいがちであり、そうなれば比較しやすいのは金銭面の違いではないでしょうか。
導入に必要となる初期費用はもちろんのこと、毎月必要となる料金もしっかりとチェックしておかなくてはなりません。
大きく分けると、ユーザー課金のサービス容量課金のサービスがあり、それ以外にもこの二つの組み合わせで料金が決まるサービスも存在しています。
何人ぐらいと共有するかや、保管するファイルの容量はどのくらい必要になってくるのかなどを、事前にしっかりと把握してから検討することで、料金の比較もしやすくなると同時に、無駄のないものを選ぶことができるようになります。
機能は少しでも充実していた方が良いと考えてしまいがちですが、機能が充実しているものは当然その分料金も高額になります。
それのみではなく、機能がたくさん付いていると使い方が複雑になってしまい、使いこなすことができないということにも繋がってしまうので、本当に必要な機能の付いたものを選んで導入することがポイントです。

 

セキュリティがしっかりとしているかについて

企業で導入するとなると見逃すことができないのが、セキュリティがしっかりしているのかという点ではないでしょうか。
セキュリティ要件を満たすことができているものを選んでおかないと、企業として大切なデータが流出してしまうなどのトラブルになるので、導入時には必ずセキュリティ面をよく比較してから選ぶようにしておきましょう。
いかに便利で使い勝手が良いかに注目して選んでしまいがちですが、注意点として頭に置いておかなくてはならないのは、セキュリティ面ということは間違いありません。
アップロードされたファイルはウイルスチェックをされているかや、ファイルは暗号化されて保管されるのかや、アクセス元を制限することができるのかと言った基本となるセキュリティから、機能レベルで必要なセキュリティが担保できているのかなど確認しておかなくてはならない点は多々あります。
もちろんサポート体制もしっかり確認しておくべきです。
業務を遂行するために必須なものということもあり、万が一何かトラブルがあったりわからないことが起きた際に、しっかりと対応してもらえるのかをチェックしておくようにしましょう。
サポートは二十四時間体制で行われているのかや、日本語での対応に問題はないかも、事前に問い合わせて確認しておくべきです。
とくに、海外のものは日本語での対応の有無に注意しておきましょう。

 

提供会社を十分考えて導入する必要がある

クラウドストレージは外部の会社が提供し、管理もするということから、本当に信頼できる会社のものを導入することが必須となります。
日本が海外かによる違いもありますが、いざという時のことを考えるのであれば日本のものを導入しておいたほうが安心することができます。
法人に向けたものでも無料で利用することができるものもありますが、無料となればサービス内容がそれほど充実していなかったり、データ容量があまりないなどのデメリットもあるので気をつけなくてはなりません。
もちろんそれのみではなく、企業としてはかなり重要となってくるセキュリティ面でも不安が残ってしまうことになります。
有料のサービスでも、中には信頼に欠けてしまうものもあるのでサポート体制セキュリティなど、細かな点までしっかりとチェックしてから選ぶことが必要不可欠となってきます。

〇まとめ
クラウドストレージに関するトラブルは、あまり耳にすることがないことからどれを選んでも安全であり、トラブルが起きてしまうことはないと考えてしまいがちではないでしょうか。
しかし、実際にはトラブルも起きてしまっているという現実もあります。
トラブルに巻き込まれないようにするためにも、本当に信頼できるものを導入するようにしておくことが必須です。
誰でもパスワード無しでログインすることができてしまうなど、信じられないようなトラブルが起きてしまう可能性もゼロというわけではないということを頭に置いて起き、慎重に選びましょう。