本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージの無料と有料の違いとは?

有料と無料のオンラインストレージには、容量に関する違いがあります。

課金をしますと、保存できるデータ量が多くなる訳です。

また課金をすれば、アップロードできるデータ量も多くなりますし、使用できる機能も異なります。

 

 

課金をすると多くのデータを保存できるようになる

ストレージのサービスは、データを保管できる機能があります。

ただし保存できるデータ量には、限界もあります。

例えば1TBが上限のサービスですと、1TBを超えると保存できません。

パソコンのハードウェアやハードディスク、フラッシュメモリなどにも、保存データ量の限界はあります。

フラッシュメモリなどを使用していると、たまに容量不足だと実感してしまう事があります。

保存データ量が不足すると動作が重たくなってしまい、ストレスを感じてしまう事も少なくありません。

同じようにストレージも保存データ量の上限があるので、足りないと感じてしまう場合があります。

ところで無料のストレージですと、データの保存量はあまり多くありません。

しかし課金すれば、多くのデータを保存できる状態になります。

初期状態では1TBだとしても、月数千円ほど支払う事により、10TBや30TBなどに拡張できる事も多いです。

ある意味、それはメモリの拡張にも似ています。

パソコンのメモリが足りないと、動作が重たくなってしまう事も多いですが、お金を支払ってメモリを増設しますと、多くのデータを保管できる状態になります。

ですから保存できるデータ量を増やしたい時には、課金するのがおすすめです。

課金すると多くのデータをアップロードできる

ところでオンラインのストレージにデータを保存する為には、まずアップロードする必要があります。

ただアップロードできるデータ量は上述の保存データ量と同様に、上限値が設定されているストレージサービスは多いです。

法人によっては多くのデータをアップロードする事もありますが、画像や動画データなどは、総じて容量が大きいです。

しかし上限値が決められていると、アップロードできなくなってしまいます。

業務に支障が生じてしまいますから、それは大変困ります。

ところが課金をすることによって、上述の保存量と同じく、アップロードできるデータ量を拡張する事も可能です。

ですから課金版とフリー版は、「アップロードできるデータの限界量」も異なる訳です。

課金によって高機能なストレージになる

ところでデータを保管していると、安全面に関する不安感が生じてしまう事も少なくありません。

データ漏えいのリスクがあるからです。

そもそもストレージに保存したデータは、初期状態のままですと、誰もがアクセスできる状態になっています。

不特定の人が、そのデータを閲覧もしくは使用できる訳です。

その不特定多数の中には、悪意のある人物が紛れている事もあります。

そしてストレージに対しては、パスワードやIDなどかなり機密性が高いデータが保存される場合があります。

悪意のある人物が、重要なパスワードを抜き取ってしまえば、大変な事になります。

しかしストレージの提供会社にお金を支払いますと、安全度を高める事は可能です。

例えばストレージのサービスによっては、IPアドレスに関する機能が備わっています。

特定のIPアドレスでないと、保存データにはアクセスできない状態にする事も可能です。

フリー版にはそのアドレス権限の機能が完備されていない事が多いので、課金することによってデータのセキュリティ性を高められる訳です。

それから、削除に関する機能も向上させることができます。

ストレージに保存したデータは、何かの理由で削除される事もありますが、間違って重要なデータを削除しないよう、十分注意する必要があります。

課金版には、その削除管理の機能も備わっている訳です。

具体的にどのデータがどういう状況で削除されたかも、管理しやすくなります。

すなわち課金すると、ストレージのサービスが高機能になる訳です。

以上のことから、無料と有料のストレージには、主に3点の違いがあります。

保存できるデータ量はれぞれ異なりますが、課金することで多くのデータをアップロード可能な状態になり、セキュリティ性などを高める事もできます。