本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

無料のオンラインストレージは存在する?

 

パソコンなどのデータをどこに保存するかですが、パソコン内のハードディスクやサーバーの他に外部に保存する方法があります。いろいろな業者がサービスを提供していて、料金などにも差があります。
試しに使えるところもあるようです。

 

 

トライアルとして一定量利用が可能

データを保存するとき、これまでであれば自分のパソコンのハードディスクなどに保存するのが一般的でした。しかし最近はオンライン上に保存できる領域を提供してくれるサービスがあります。パソコンのハードディスクの容量は増えてきているものの、一つ一つのファイルもどんどん大きくなっています。自分のパソコン内に保存できないときなどに、新たな保存領域が準備できます。

多くの業者が提供していますが、個人向けと法人向けがあり、会社等であれば法人向けを利用するのが良いでしょう。会社においては重要な情報なども保存するでしょうから、セキュリティの仕組みがきちんと整っている業者を選択すべきです。

では無料で利用できるオンラインストレージがあるかですが、個人向け同様に法人においても利用できるところがあります。それも比較的大手でよく知っている業者が提供してくれているので、そちらを利用すると良いかもしれません。トライアルサービスとして提供され、まずは試しに利用してみて、利便性が高いのであれば有料サービスに移行してくださいとするサービスになっています。

業者によっては、有料版と機能面で違いが生じるものもありますが、セキュリティ面など有料版と同じように使えるところもあります。容量に制限があるので、それを超える利用をしたいなら有料版に移行しないといけません。できるだけお金を使いたくないのであれば、いろいろな業者のサービスを制限いっぱい使うなどの方法もあるでしょう。

 

自動的に削除されてしまう可能性がある

パソコンで作業をしていると、データなどが作成されます。データを保存しておくこともあれば、保存していたデータを使って新たな作業をすることもあります。会社等であれば重要なデータを用いることもあり、機密情報などもあります。これまでは自社内のサーバーなどに保存をしていましたが、オンラインストレージを利用する会社も増えてきています。自社の方がセキュリティは高そうに感じますが、自社だと自分たちでの管理が必要になります。外部のサービスはセキュリティも含めてのサービスになるので、自社よりも強固なサービスが受けられる可能性があります。これまで使ったことがなく、とりあえず試しに使ってみたいのであれば無料サービスから使ってみると良いかもしれません。

業者によって異なりますが、一定の容量までなら登録だけで使えるようになっています。機能は有料版と変わらないところも多いです。ただし利用に関して注意も必要です。毎日のように利用していればいいですが、ある時に利用してその後利用していたのを忘れて放置してしまうことがあるかもしれません。
ある業者では、一定期間のアクセスがないと自動的にデータが削除される仕組みになっていました。最後にアクセスをした期間から1か月や2か月等が決められています。その間にアクセスがあれば、通常通り利用し続けられます。事前にデータが削除される連絡が来るところもあれば、急にデータが消えてしまうときもあるので、大事なデータを保存するときは注意しましょう。

 

有料プランへの移行の取り扱いが異なる

利用するのに高額な料金がかかるサービスがあります。その時はそのサービスにかかる料金の価値があるかどうかを見極める必要があります。しかし実際は使ってみるとあまり価値がなかったなどもあります。事前に価値を見極めるのは難しいです。

その時に便利なのが無料のトライアルサービスです。まず使ってみて使い勝手を確認し、問題があれば使うのをやめればいいですし、問題なく使えるのであれば本格的に契約をして使えます。オンラインストレージサービスにおいてもこのプランを用意してくれるところが多いので、まず試しに使ってみようとするかもしれません。
それぞれの業者のサービスではデータの保存ができたり、セキュリティによってデータが守られるなど一定の機能が使えますが、業者によって取り扱いが異なる部分もあるので注意しましょう。

有料サービスへの移行を行うときにどんな扱いになっているかです。当初は登録のみで使うでしょうが、有料サービスとなると契約になります。その契約に伴って、これまで利用していたサービスを一旦解除しないといけないときがあります。一旦自社のサーバーなどに退避をして、再び有料版に戻さなくてはいけません。少し面倒に感じるかもしれません。
一方で有料版に移行するときでも特にデータの移動など必要なく使えるところもあります。以降が必要となると、データ量が多い時に大変になるので注意が必要です。データ量が少なければ、どちらのタイプでもそれほど問題は起きません。

 

初めて使いたいときなど、試し利用として一定容量まで使えるプランがあります。登録のみでほぼ有料版と同じ機能で使えます。ただし、一定期間アクセスがないと自動的に削除されたり、有料版への移行で作業が必要な時もあるので注意しましょう。