本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

法人向けクラウドストレージの費用はどれぐらい?

法人向けクラウドストレージの費用はどれぐらい?

法人向けのクラウドストレージを利用するなら、料金は支払う事になります。
そのサービスの料金には、主に2種類あります。
★1点目は、サービスを導入する時に支払う料金です。
いわゆる初期費です。
★2つ目は月額ですが、その具体的な数字はストレージの業者によって異なります。
各サービスにより、料金にはかなり大きな違いがあります。

 

サービスを利用する際の月額は業者によって異なる

クラウドのサービスは、ほとんどの業者は月額制になります。
いわゆる賃料のような仕組みです。
そのクラウドのサービスは、何かを購入する訳ではありません。
レンタルのサービスになります。
ある意味貸し倉庫のようなサービスに近いです。
WEBの保管庫を借りた上で、様々な電子データを保管していく事になります。
ところで貸倉庫という物件を利用するなら、それを借りている法人は、賃料を支払う事になる訳です。
もちろん1ヶ月に1回位の支払い頻度で、レンタル会社にお金を払い続けていく事になります。
それと同様で、クラウドの保管庫を利用する際にも、料金は払っていく訳です。

〇大きさによって料金は異なる
ところで賃料の数字は、物件により大きく異なります。
月6万円台の物件もあれば、8万円台の物件など色々ある訳です。
同じ事は、クラウド型の保管庫に対しても言えます。
レンタルの業者も色々ありますが、それぞれ費用の数字も異なる訳です。
ただその数字は、かなり大きな差があります。
例えばあるクラウドの業者の場合は、1IDにつき5万円台から借りる事ができます。
ちなみに5万円は最低金額で、利用コースによってはもう少し大きな金額になります。
そうかと思えば別の業者では、利用料金は無料に設定されています。
ただし無料になる条件も決まっていて、5GBまでデータを保管する時に限られます。
それ以上の容量でデータを保管したい場合、有料になる訳です。

〇日本円でない業者も
また月額の料金の単位は、日本円でない業者もしばしば見られます。
というのも一部の業者は、外資系だからです。
外資である以上、円建てではありません。
ドル建てやポンド建ての業者も見られます。
外資の企業も、やはり利用料金はそれぞれ異なります。
ある業者の場合は、月額9ドルに設定されています。
それに対して別の業者では、月額8ドルといった具合です。
ですからクラウドサービスを利用する料金がどれくらいになるかは、業者次第ではあります。
ただし一番高い業者でも、月額5万円ぐらいに設定されています。
月額10万円を超えるサービスは、あまり多くありません。

 

サービス利用開始時に支払う料金は何円くらいか

ところで上述の貸事務所の物件を借りるなら、入居時にお金を支払う事になります。
いわゆる敷金などを最初に支払う物件も、数多いです。
もしくは保証金という形で、入居時に料金を支払う物件もあります。
つまりレンタルのサービスを利用する際には、初期費を支払う事も多々ある訳です。
それで上述のクラウド型のサービスも、やはり初期費はあります。
月額の料金と同様に、業者によって数字は異なります。
初期費の場合は、大多数の業者はゼロ円に設定しています。
しかし中には、初期費が数万円ほど発生する業者もあります。
例えばある国内のクラウドの業者の場合は、初期費を3万円に設定しています。
また別の業者ですと、5万円台といった具合です。
ただしクラウドのサービスは、最初に10万円などのまとまった初期費が必要な事は、まずありません。
高くても、せいぜい5万円くらいになります。

 

最初の1ヶ月目は料金が無料のサービス

またクラウドの各業者は、料金無料のサービスも提供している事が多いです。
それを活用して、各社のサービスを比べてみる手段もあります。
どういう事かというと、いくつかの業者では無料お試しのシステムを採用しています。
例えばある法人向けのクラウドサービスでは、契約した初月は料金無料になると明示しています。
ですから例えば、7月2日にクラウドサービスの契約をしたとします。
その場合は、7月末まではそのサービスを無料で利用できる訳です。
その7月という1ヶ月間に、サービスの使い勝手を見極めるシステムになります。
7月まで使い続けてみて、特に何も問題がなければ、翌月からは月1万円は利用料金を支払い続けていく事になります。
逆にサービスの使い勝手に不満があった時には、解約をする事も可能です。
この無料お試しのサービスは、いくつかのクラウドの業者で採用されています。
ですから使い勝手が良いかどうかを見極めたい時には、無料お試しでサービスを比較してみる手段もあります。
ただし「全て」の業者にて、初月無料のサービスを採用しているとは限りません。
業者によっては、1ヶ月目から有料になる事もあります。

〇まとめ
ですから結局は、法人向けのクラウドサービスの料金がどれくらいになるかは、業者次第ではあります。
料金の差が一番大きいのは、各社の月額です。
無料で利用できる業者もあれば、月数万円ほどになる業者もあるからです。
ただ、いずれの業者も一度に10万円以上もの料金を支払う事は、ほとんどありません。
基本的には、月数万円以内で利用できるサービスになります。