本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージの仕組みはどうなっている?

パソコン内やサーバー内でのデータ保存に問題があるとき、外部に保存できるサービスの利用を検討してみましょう。

しかし外部に保存するとなるとセキュリティの問題などが心配でしょう。内容をきちんと把握して利用することが大切です。

 

 

インターネット上にデータを保存する領域がある

データを保存するとき、パソコンの中にあるハードディスクであったり、外部に接続したハードディスク、その他CDやDVDなどのメディアなどに保存するかもしれません。法人ならデータサーバなどを用意して、ネットワークに接続をしてサーバーに保存するときもあります。最近のパソコンはテラバイトのデータが保存できたりするので、かなり保存領域は大きくなっています。

しかしそれでも制限があり、大きなデータをたくさん扱っているとそれ以上保存できなくなるときがあります。保存領域が足りなくなれば別途保存する仕組みを用意しないと、データの保存ができなくなります。この時の選択肢としてオンラインストレージがあります。オンラインストレージとは簡単に言えば、インターネット上にデータを保存する域があると考えると分かりやすいでしょう。

サービス会社と契約をすると、インターネット上からアクセスするためのパスワードなどが渡されます。ログインすると、そこにパソコンのハードディスクと同じようなフォルダが表示されます。後はそこにデータを移すだけで保存ができます。データはパソコンからインターネットの回線を経由して、サービスを提供する業者が設置しているサーバーなどに行きそこで保存されます。ログアウトすると利用できませんが、データを使いたいときには再びログインすればフォルダが出てきて、以前保存したファイルが選択できるようになっています。パソコンのハードディスクのように利用できます

サービス提供会社がまとめて管理をしている

自分のパソコンにデータを保存するとき、ファイル管理画面を見るとハードディスクが表示されます。その下に自分でフォルダが設定できるようになっているので、データを分類して保存したいときはフォルダが区別できるようにしておくとわかりやすくなります。法人であれば会社でデータサーバを用意しているときがあり、部署ごとや個人ごとに一定の領域を与えられるときがあるでしょう。ネットワークからサーバーに接続すると、たくさんのフォルダが見られるかもしれません。それぞれのフォルダに権限が設定されているので、アクセスができるのは自分が使える権限があるフォルダだけになります。

オンラインストレージの仕組みは、サービス提供会社が非常に大きなストレージを用意していて、利用者に対して小分けに利用できる領域を提供してくれています。自社のサーバーへはLANケーブルなどを経由して接続しますが、オンラインサービスはインターネット回線を通して運営会社のサーバーに接続をします。自社のサーバーと異なるところは、他の利用者のフォルダなどが見えない所でしょう。権限のないフォルダは使えないだけでなく表示もされません。ですからどんな人が使っているかなどは一切わかりません。多くの人がデータを保存すると領域が足りなくなると考えてしまいますが、サービス会社はどんどん設備を増やしているので、足りなくなることはないでしょう。

強固なセキュリティが利用できる

インターネットが普及しだすと、パソコンを使うときにいろいろな注意をしなければいけなくなりました。その一つにセキュリティの問題があります。インターネットを通じていろいろなサイトなどにアクセスができます。自分自身が他のサイトに行くだけでなく、全く知らない人が自分のパソコンにアクセスしてくる可能性があります。またメールなどを通じてウイルスが入ったファイルなどを送られるときがあります。ウイルスに感染をすると、パソコン内の情報を外部に流出させたりする問題があり、それを防ぐための対策を取る必要があります。セキュリティ対策ソフトを導入するほか、ハードウェアにも投資をしなければいけないときもあります。重要なデータを扱うときには特に厳重にしなければいけないでしょう。

ではオンラインストレージを使うときにはセキュリティに関する注意はどうすればいいでしょう。外部にデータを移すので、セキュリティ上問題が出てくるように感じるかもしれません。しかし実際の所、非常に強固なセキュリティシステムを用意してくれています。外部からストレージ内に侵入できない仕組みがあるので、データの流出などの心配はほぼありません。自社のデータサーバを外部に移管すれば、強固なセキュリティに守られるため、それまでのように自社でコストをかけてセキュリティ対策する必要がなくなります。自社で保存するより安心できるかもしれません。