本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージの仮想ドライブとは何?

オンラインストレージの中には仮想ドライブを設けているところがあります。

仮想ドライブがあるオンラインストレージは独特な使い方ができるのでおすすめです。

他にもいろいろなオンラインストレージがありますが、ここではこうしたストレージサービスについて紹介していきます。

オンラインストレージの仮想ドライブについて

ストレージサービスの仮想ドライブは聞き慣れないものですが、そこまで難しいものではありません。

ストレージサービスの仮想ドライブサービスを利用することによって簡単にフォルダやファイルをシェアできるようになります。

ストレージサービス仮想ドライブサービスは利用も簡単です。

このサービスを利用することにより仮想ドライブがパソコン上に現れるようになります。

この仮想ドライブにファイルなどをドラッグして移せば自動的に共有されるというわけです。

これによってアップロードする手間もなくなりますし、動機的にファイル共有が行えます。

このことからかなり頻繁にファイル共有をしたいという場合にうってつけです。

また、仮想ドライブサービスにもいろいろなものがあります。

例えば、仮想マシン上でドライブを起動させるものもあります。

このような違いもありますから、利用する際にはどのようなサービスなのか比較してみると良いでしょう。

 

仮想ドライブサービスはその反面で注意点もあります。

例えば、パソコンをハッキングされやすいという欠点があります。

仮想のドライブを常時外部からアクセス可能にさせていることから、良からぬ相手にハッキングされやすくもなってくるのです。

こうしたことを避けるためにも仮想のドライブを走らせるパソコンはしっかりとセキュリティ対策をしておかないといけません。

また、バーチャルドライブを利用するのは思わぬ負荷をパソコンにかけることもあります。

やはりバーチャルドライブはかなりインターネット回線を食いますし、専用ソフトウェアを走らせないといけません。

こうしたことからパソコンが遅くなって業務に支障を与えてしまうことがあるのです。

このようにバーチャルドライブも良いことだらけではないですが、うまく使えば大変便利にファイル共有を行える用になってきます。

活用例としては営業部で使う顧客情報を仮想ドライブで共有すると良いでしょう。

こうすることでより迅速に顧客情報の管理やアクセスが行えるようになってきます。

他にもバーチャルドライブの可能性は多いですが、セキュリティだけには気をつけておきたいところです。

オンラインストレージで何を共有するのか

ストレージサービスは便利なものの何に使えばよいのか迷うことがあります。

そんな場合には下記の例を参考にしてみてください。

例えば、ストレージサービスを利用して出先で必要となる資料を共有しましょう。

こうすることで出先からでも簡単に必要になったときに資料をダウンロードできます。

これ以外にもファイルストレージサービスを利用して社員の勤務管理をするのもありです。

ストレージサービスによってはこうした用途に長けているものもあります。

ストレージサービスは使い方次第でいろいろなことに使えますが、ストレージサービスを使って徹底周知したいことを広めてみるのも良いでしょう。

ストレージサービスを利用する際のポイント

ストレージサービスをこれから利用するならストレージサービスの弱点も知っておくべきです。

例えば、ストレージサービスはサイバー攻撃に弱いです。

サイバー攻撃によってダウンするなんてことも起こりますから、なるべくストレージサービスだけに頼り切りにならないようにしてください。

ストレージサービスを利用するとともに他のバックアップサービスも利用することでよりうまくサイバー攻撃などにも対処していけます。

他にも、ストレージサービスを導入しても使われないということも多いものです。

これではストレージサービスを導入してもどうしようもありません。

こうならないためにも積極的に社員に働きかけるなどしてストレージサービスを使う環境を作っていきましょう。

ストレージサービスは定期的に整理することも大事です。

ストレージサービスに大量のファイルをアップロードして管理も何もしないでいると次第にデータ容量を使い切ってしまいます。

こうしたこともあり、不要なファイルは積極的に削除していくようにすることが必要になってきます。

 

ストレージサービスにもいろいろなものがあります。

例えば、仮想ドライブを設けているストレージサービスもあります。

こうしたストレージサービスを利用することによってよりファイル共有も簡単に行えるようになります。

また、ストレージサービスを導入しても使われないこともあるので気をつけておきましょう。

ストレージサービスを導入したら顧客情報などを共有するといったこともおすすめです。

ストレージサービスはアイデア次第でいろいろなことに使えるのでこれからストレージサービスを使う際にはいろいろと試してみるようにすることをおすすめしておきます。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ