本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

海外拠点とのやり取りも便利!法人向けオンラインストレージ

自分のパソコン内にデータやファイルを保存するのではなく、用意しているインターネット上のサーバーに保存するサービスをオンラインストレージと呼んでおり、個人はもちろん近年では法人でも利用しているケースが増えています。

データの保存に役立つというだけではなく、ファイルの共有や共同作業もできるというのも特徴です。

社内のデータを共有するために自社でサーバーを用意するとなれば、手間がかかってしまいますが、データをオンラインで保管や管理するオンラインのストレージを利用することができれば、運用や保守の手間も省くことができ、本来の業務に集中することができるので効率化もでき企業の業績アップに繋がることもできます。

一口にサービスを提供している業者といっても、需要が高まると同時に業者の数も増えており、それぞれ特徴にも違いがあるので、よく比較し本当に適しているサービスを提供してくれる業者を選ばなくてはなりません。

比較しやすい点となるのは、金銭面の違いですが海外を拠点としている先とのやり取りをする場合には、やり取りのしやすさにも注目しておくようにしましょう。

言語の違いにも注目して選ぶようにする

日本語で提供されているオンラインのストレージのサービスでも、英語を始めとしたその他の言語に切り替えて使用することができるサービスを提供しているものもあります。

その場合は、国外に拠点を開設した時や取引先が国内外の企業という場合でも、その拠点で使用される言語だったり、英語を指定することで、オンラインのストレージの利用を開始することができるようになり、言語の壁で頭を悩ませる必要もありません。

やり取りが、いかに迅速にできるのかにより、成功するか失敗してしまうかを左右するプロジェクトや取引もあるので、そういった点でも言語の壁に悩まされずに素早く行えるとなれば魅力があるのではないでしょうか。

日本国外での拠点とのデータの送受信などが必要となる場合には、あらかじめ拠点となる場所の言語に対応しているのかという点をチェックして選ぶようにしておくべきではないでしょうか。

自動的に言語の変換をしてくれるとなれば、やり取りの中でミスが起きるリスクも減らすことができます。

選び方のポイントとなる点について

日本国外の拠点とのファイル共有を行う可能性がある場合には、当然その国やその国の言語に対応しているオンラインのストレージサービスを導入しなければなりません。

日本では利用ができても、対応していない国がある業者もあるので気をつけることが大切です。

データの保存をしているのが日本国内なのか国内外なのかということは、しっかりチェックしておくようにしましょう。

国内以外のものが良くないというわけではありませんが、求めているサービスを提供してもらうことができなかったり、日本語にはイマイチ対応不足というケースも稀にあります。

日本国外となれば、やり取りをしている中でトラブルが起きた時にはなかなか迅速に対応することが難しいということにもなりかねないので、迅速に対応してくれて安心できるサービスを提供している業者を選ぶようにして起きましょう。

手間やリスクを軽減させることができる

インターネットを通じてサーバー上で共有することにより、やり取りの手間を省くことができよりスムーズに業務が遂行するというメリットがあります。

自分はもちろん共有している人ならば、そこからファイルをダウンロードして取り出すことができます。

従来のようにメールでのやりとりなどでは、日本国外となれば送り先のインターネット環境が分からないケースも多く、大容量のファイルのやり取りが必要な場合にはきちんと届いているのかわからず不安になってしまったり、届かない場合には何通にも分けて送らなくてはなりませんでした。

しかしオンラインのストレージならば、容量を気にする必要なくファイルを開くためのリンクをメールに書き出すだけでやり取りができ、しっかり見てもらうことができるというメリットもあります。

リンクを知っている人だけが見られたり、閲覧権限を設定することができるので、他者に知られることなく、関係者の間だけで情報の共有をすることができ、情報漏洩のリスクも軽減させることができます。

 

日本国外を拠点としている先とのやり取りを行う場合には、言語が充実しているサービスを提供している業者を選ぶ必要が出てきます。

法人向けのサービスを選ぶ基準としては、セキュリティー効果の高いものを利用するようにするということも忘れてはいけません。

今の時代では無料で利用できるサービスも多く存在しますが、有料版と比較するとやはりセキュリティレベルは低くなってしまいがちです。

企業の重要な情報を保存するとなれば、セキュリティーは何よりも重視すべきポイントといえるのではないでしょうか。

日本国外とのやり取りとなれば、さらにリスクも高まるのでセキュリティー効果の高いものやデータ消失防止機能だったりバックアップに関してもよく比較してから選ぶことが重要になってきます。