本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

法人向けのオンラインストレージ、主要なサービスとは?

ビジネス向けに利用することができる便利な仕組みがあります。

パソコンを使っているとデータを保存したりする必要がありますが、社内のサーバー以外にも保存することができます。

社外のサーバーを利用するにあたって、どんな仕組みがあるか調べてみましょう。

社外にデータを保存することができる

お金を保管するとき、すべてを自宅に置いている人は少なくなってきたかもしれません。

では常に持ち歩いているのかというと、それも結構リスクが大きくなります。多くの人が取る行動としては銀行の利用があるでしょう。

銀行は外部の機関になりますが、本人以外が勝手に利用できないようになっています。銀行が必ず安心できるわけではないですが、自宅に比べると安心できるかもしれません。

会社においては機密情報や大事な情報を会社の金庫に保管することがありましたが、もし不法侵入などがあって金庫を開けられたとしたら重要な情報が盗まれる可能性があります。

金庫以外にはサーバーに情報を記録しておくことがあるかもしれませんが、この時にもサーバー本体を盗まれたり、不正なアクセスを受けたりする可能性があります。

よって、自社内で保管するのもそれなりにリスクがあると言えます。

法人向けのオンラインストレージを利用するときに受けられる主要なサービスとしては、社外にデータを保存できることが挙げられるでしょう。

パソコンやサーバーの利用が一般化し始めた時、社外にデータを保存するのは非常にリスクがあると考えることもありました。

自社内の方が安全だと考えられていたからです。今は少しずつ考えが変わり、社外の方が安全とする考えも大きくなっています。

自社内だとデータを保管するための機械が必要になり、さらに管理などもしていかなくてはいけませんが、社外に保管すれば機械を用意する必要はなく、管理も必要なくなります。

データを共有して利用することができる

パソコンを使って仕事をすることは多いでしょう。一人で必要な処理をするときは、自分の使っているパソコンにデータを保存して行います。

翌日などに仕事を続けるときも、パソコンを起動すれば仕事が行えますが、複数人で仕事をしようとする場合には一つのファイルを共有できるようにしておき、それぞれにアクセスなどをすれば共同で作業が行えます。

サーバーなどにデータを置いておけば行えますが、サーバーにアクセスができる状態でなければいけません。

社内にいる時であればサーバーにアクセスできるでしょうが、社外などだとアクセスできないときもあります。

以上のことから、法人向けのオンラインストレージが提供してくれる主要なサービスとしては、データの共有があります。

利用するときにはそれぞれアクセス権などを設定できます。

フォルダやファイルごとに設定できるようになっていて、権限があるファイルなどであれば誰でもアクセスができ処理をすることができます。

外部に保存されているので、インターネットに接続できる環境であれば社内にいようと社外にいようと関係なくデータにアクセスすることができます。

最近は会社に出社をせずに自宅などで仕事をする人もいますが、もちろん自宅からでもアクセス権があればデータにアクセスできます。

社内にいる人と社外にいる人が共同で一つのファイルの作業などを行えるようにしてくれています。

権限は細かく設定できるので、権限がない人からアクセスされることはありません。

データを保存するときにウィルスチェック

インターネットなどのネットワークを利用するとき、注意しないといけないのがウィルスです。

インターネットのサイトを閲覧するだけで感染するときもありますし、電子メールの扱いを間違えた時にも感染することがあります。

ウィルスには種類があり、それほど大きな問題が起きないウィルスもあれば、自分だけでなく多くの人に迷惑をかけてしまうようなものまであります。

ネットワークを利用するときは、常にウィルスに感染しないよう注意しないといけませんし、仮に感染してしまったときにはすぐに対処しなければいけません。

企業内においてもウィルスの問題は大きくなっていて、セキュリティーソフトなどを利用して対処するときもあります。

ただし、セキュリティーソフトは100パーセントウィルスへの感染を防げるわけではなく、それ以外にも細かい対応などをしなければいけません。

そのような事態を防ぐためにも、オンラインストレージのウィルスチェックのサービスを使用することをおすすめします。

通常ネットワークや電子メールなどを利用するとき、セキュリティーソフトなどを導入しているとチェックをしてくれます。

感染の疑いのあるファイルなどは排除、警告の連絡などを表示してくれ、データを保存したり利用しようとするときにウィルスチェックをしてくれます。

その上で保存などをしてくれるので、安全なファイルばかりが保存されるようになっているので、安心してデータを使うことができるでしょう。

 

大量のデータを保存できるスペースがあり、契約した容量のデータを保存できます。

保存したデータには権限が付けられるようになっているので、権限を持て入る人たちで利用したり共有ができます。

ファイル保存時にセキュリティチェックをしてくれます。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ