本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

クラウドストレージを導入するメリット

クラウドストレージを導入するメリット

 

法人の電子データは、ハードウェアに保管する方法もあります。
ですが最近では、クラウドストレージを導入している企業も増えてきています。
そのクラウド型の保管庫には、容量やコストなどのメリットがあるからです。

 

 

多くの量のデータを保管できるようになる

電子データを保存する方法は、色々あります。
・最もシンプルな方法は、フラッシュメモリなどのハードウェアです。
・その他にも、クラウド型のサービスがあります。
分かりやすい例は、フリーメールです。
例えばフリーメールの文書を作り、画像ファイルなども添付します。
それで一旦は下書き状態で保存しておけば、画像ファイルもメールのサーバーに保管される訳です。

〇クラウド型のサービス
WEBのサーバーに保管する事になります。
このクラウド型のサービスには、容量に関するメリットがあります。
クラウドのサービスによっても異なりますが、総じて容量が大きいです。
パソコンで作業をしていますと、たまに動作が重たく感じられる事があります。
なぜならパソコンに保管できる容量には、限界があるからです。
上述のフラッシュメモリも、例外ではありません。
メモリの場合は、せいぜい数GB程度しか保存できません。
それで動作が重たくなってしまえば、作業の効率が悪くなってしまいます。

〇それに対してクラウドストレージ
比較的多くのデータ量を保管できる傾向があります。
ストレージのサービスによっては、容量無制限で保管できる事もあります。
このためハードウェアの買い替えなども、不要になる事が多いです。
フラッシュメモリの容量が限界になった時には、最新の製品を購入する選択肢もあります。
ですが買い換える時には、費用もかかってしまいます。
ところがクラウド型のサービスですと、買い替え不要な事も多いです。
自動的にアップデートが行われるサービスも、多数見られます。
アップデートの度にクラウド内の保管容量も拡張されますから、わざわざ買い換える必要もありません。

 

クラウドの導入でデータ保管の出費を節約できる

また上記のフラッシュメモリの買い替えにも関わってきますが、オンラインのストレージを導入すればコストも削減できる事も多いです。
確かに社内のデータは、メモリなどに保管する事は可能です。
しかし上述の容量の限界などが近づくと、買い替えが必要になってしまい、大きな出費が生じてしまう事も多々あります。
それで法人の場合は、どうしても保管容量が大きくなってしまう傾向があります。
膨大なデータを保管するハードウェアですと、総じて販売価格が高めです。
ですからハードウェアの買い替えをする時は、大きな出費が生じてしまう訳です。
多くの事業者の方々は、その出費で悩んでいる傾向があります。
ところがクラウド型のサービスなら、状況に応じてアップデートも行われる訳です。
それで買い替えが不要になり、コストを削減できるようになります。
買い替えだけでなく、メンテナンスの費用も同様です。
法人用の大規模なハードウェアですと、毎月のメンテナンス費用が高く付いてしまう事も多いです。
それよりはクラウド型の保管庫の方が、費用を抑えられる傾向があります。

 

天災などによるデータ消失のリスクを低くできる

ところでハードウェアに保管するのは、物理的なリスクもあります。
万が一の事態も、考えておく必要があります。
ここ最近では、地震に関心がある法人も増えてきました。
大きな地震が来る可能性はあるので、リスク対策を考えている法人も増えてきた訳です。

〇その具体的なリスク
・一つは、ハードウェアの破損です。
大きな地震が来れば、何かが倒れてきてしまう事もあります。
例えばパソコンの近くに、大きなキャビネットがあるとします。
地震が来た時にキャビネットが倒れてくると、ハードウェアも破損してしまう事もあり得る訳です。
キャビネットが勢いよくフラッシュメモリに衝突すれば、内部データは破損してしまいます。
万が一そのフラッシュメモリの中に、顧客データが保存されていると、大変な事になります。
・また建物自体が倒壊してしまえば、社内にあるハードウェアが全て壊れてしまう可能性もあります。
つまりハードウェアに保管しておくと、天災などでデータが消えてしまう可能性もある訳です。

〇災害に強い特徴
ところがクラウドのストレージは、基本的に天災は関係ありません
たいていのクラウドサービスは、データセンターという所に保管しています。
耐震性が優れている建物に保管されている事が多く、万が一の大地震が来た時でも、データは消失しづらい訳です。
つまりクラウドという倉庫に対して、社内のデータを一旦預ける仕組みになります。
社外の倉庫会社に重要なデータを預かってもらえば、大地震などによるリスクも低く抑えられる訳です。
それもクラウドを導入するメリットの1つです。

〇まとめ
つまりクラウドのサービスは、データを安全に保管できる上に、容量も比較的大きい訳です。
それに加えて保管のコストも抑えられます
ですから社内の電子データを保管したい時には、クラウドの導入を検討してみると良いでしょう。