本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージに動画を保存することができる?

今話題の便利なオンラインストレージはいろいろな利用方法ができて良いものです。

仕事に使うファイルなどを保管しておくのも良いでしょう。

ですが、オンラインストレージサービスに動画をアップロードすることは可能なのでしょうか?

実際にアップロードする際に気をつけておきたいことも確認してみましょう。

動画をオンラインストレージサービスにアップロードする際の注意点とは?

オンラインストレージサービスによってはムービー対応しているところも少なくありません。

ムービー対応しているストレージサービスであればかなり便利ですが、アップロードする際には気をつけておきたいこともあります。

 

例えば、ストレージサービスのデータ容量についてです。

ストレージサービスにアップロードできる総データ容量は3GBなどのように決まりがありますが、アップロードすると一気にこうした容量を使いきってしまうこともあります。

このため、動画をストレージサービスにアップロードしたいならば容量無制限のストレージサービスを利用すると良いでしょう。

 

また、アップロード速度もポイントです。

動画のアップロード速度が遅いと動画のアップロードに数時間もかかることがあります。

このため、もしも大量に動画をアップロードしないといけない場合にはプランの変更などをしてみると良いでしょう。

ストレージサービスのプラン変更をするとアップロード速度が一気に高まることもあります。

アップロードする際には動画を圧縮するのもありです。

ムービーを圧縮することでストレージサービスのデータ容量も埋まりにくくなりますし、アップロード速度も高まります。

ムービーの圧縮は専用ソフトで簡単にできますから、しておくことをおすすめします。

 

ちなみにビデオに対応していないストレージサービスであってもビデオをアップロードできます。

この際にはビデオのファイル形式を変えたり、専用ソフトでテキスト形式に圧縮することでアップロードできることがあります。

このため、もしも使っているストレージサービスが動画に対応していなくても諦めないでください。

ストレージサービスにアップロードするリスクと対策は?

アップロードする際はアップロード速度などだけでなくセキュリティについても気をつけておきたいところです。

ストレージサービスによってはあまり信頼性が高くなくてハッキングの脅威に常にさらされているところもあります。

このため、ストレージサービスを頻繁に利用するならばその信頼性も評価しておきましょう。

ストレージサービスによってはアップロードしたファイルが消去されるなんてこともあります。

例えば、サーバーダウンなどによって完全にアップロードしたファイルが消されることがあるのです。

 

こうしたこともあり、アップロードしたファイルはバックアップをとっておくようにするのが大事です。

いくつかのストレージサービスに同一ファイルをアップロードすることも信頼性を高めるためには効果的です。

また、ストレージサービスにアップロードしたビデオを後でダウンロードした際に動画が壊れて見られなくなってしまっていることもあります。

これは時折起こりますが、このようにストレージサービスにアップロードしたファイルは壊れることもあることは理解しておきましょう。

ストレージサービスを比較する際のコツ

ストレージサービスをこれから選ぶ際にはどのようなファイルがアップロードできるか、データ容量はどれくらいかといったことを比較しましょう。

データ容量が少ないストレージサービスはやはり使いにくいです。

データ容量は多いに越したことはありません。

また、無料のストレージサービスを使うにしても有料プランが設けられているところだと便利でしょう。

 

ストレージサービスのセキュリティもかなり大事です。

頻繁にサーバーダウンしていたりするようなストレージサービスはやはり使いにくいです。

ストレージサービスのセキュリティがしっかりしていないとせっかくのファイルを盗まれることにもなります。

もしもセキュリティ的な心配があるならばやはり有料のストレージサービスを利用することをおすすめします。

 

ビジネス用ストレージサービスの検討もおすすめです。

ビジネス用ストレージサービスはアップロード速度などが高いですし、セキュリティ的にも安心です。

ビジネス用ストレージサービスは料金が高いですが、それだけの価値はあります。

もしも困ったらこうしたサービスも選んでみてください。

 

ストレージサービスにビデオをアップロードする際にはデータ容量などについて気をつけておきたいところです。

速度が遅いとストレスも溜まってきてしまいます。

また、ストレージサービスによってはビデオに対応していないこともあります。

ストレージサービスを比較するならば対応しているデータ形式についても比較しておきたいところ。

これからストレージサービスを選ぶ際にはビジネス用ストレージサービスなども検討してみると良いでしょう。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ