本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージの暗号化とは?

 

多くのオンラインストレージには、暗号化の機能が備わっています。
暗号機能により、ファイルを別の状態に変化させる訳です。
一旦は変化させておけば、第三者がファイルを閲覧したところで、内容が分からない状態にする事ができます。
すなわちセキュリティ性を高められる訳です。

 

 

ストレージに保存したデータに対する不正アクセス

オンラインのストレージサービスは、いわゆるWEBの保管庫になります。万が一に備えて、重要データをストレージに保存している方々も少なくありません。

ところで保存データに対しては、第三者がアクセスしてくる可能性もあります。いわゆるハッカーなどが侵入し、保存データを閲覧されてしまう可能性もあります。ハッカーだけでなく、社内の従業員も注意を要します。誰か悪意のある社員が不正アクセスし、重要データを閲覧してしまう可能性もある訳です。
それで重要な情報が漏えいしてしまうのは、大変困ります。

例えばパスワードや暗証番号などです。どちらも、非常に重要な情報である事は間違いありません。
問題は、悪意のある人物にパスワードが伝わってしまう可能性です。万が一パスワードを知られてしまうと、不正ログインなどにより、大切な情報が抜き取られてしまう可能性もあります。

暗号鍵によって情報を読み取り不可能な状態にする

ところが多くのストレージには、暗号化という機能が備わっています。
その機能を活用すると、ファイルの状態を大きく変化できる訳です。ですから機密性が高いファイルが保存されている時などは、暗号機能を活用するのがおすすめです。その仕組みは、次の通りになります。

まずはストレージに対して、データを保存します。社内データや顧客情報など、色々データを保管する訳です。そして、改めて暗号機能を活用します。この時に、暗号鍵と呼ばれるものが使われます。ファイルに対してその鍵を使用する事により、状態が大きく変化する訳です。
例えばあるファイルは、暗号機能を使用する前は、「abc」という情報になっているとします。abcという情報は、誰もが解読できる状態です。ところが暗号機能を使用すると、その情報を大きく変化できます。「dzo」や「lcs」など、およそ解読不能な情報に変質する事もできます。つまり一旦暗号機能を使用すれば、重要な情報は読み取れない状態になる訳です。パスワードなども、ほぼ読み取り不可能な状態になります。

ただし後者のように解読不能な状態にしてしまいますと、ファイルを保存した本人としても、情報を読み取れない状態になってしまいます。それでは、肝心のファイルを使用できません。
ですからストレージには、復号という機能も備わっています。一旦は鍵をかけて、情報を読み取り不可能な状態にしている訳ですが、もう一度鍵を利用する事になります。つまり、鍵を開ける訳です。すると情報が元通りになり、ファイルをアップロードした本人が、情報を読み取れる状態になります。
なお暗号鍵は、アップロードした本人が決める事になります。ですから暗号鍵の情報が分からなければ、ストレージに保存した情報も、読み取り不可能な状態になる訳です。つまり暗号機能によって、保存データのセキュリティ性を大きく高められる訳です。

ある意味それは、WEB回線にも似ています。公衆WiFiなどを使用しようとすると、必ずパスワードが求められます。その理由は、WiFi回線に暗号機能が採用されているからです。暗号鍵が分かっていなければ、公衆WiFiは使用できないので、回線の安全性を高める事ができます。ストレージというサービスにも、その公衆WiFiのような機能が完備されている訳です。
ですから会社の上層部だけがアクセスできる状態にする事もできます。
例えばストレージにあるエリアの一部に対して、いくつか重要なファイルを保存します。その上で、暗号機能を活用して、ファイルを読み取り不可能な状態にする訳です。会社の上層部だけが知っている暗号鍵を設定し、ファイルを開けない状態にする事もできます。

フォルダごと読み取り不可能な状態にできる

またストレージの場合は、フォルダ単位で暗号状態にする事もできます。そもそも読み取り不可能な状態にしたいなら、各ファイルやデータに対して、個別に設定する事も可能です。ただファイルの数が多いと、どうしても労力が増えてしまいます。100や1000個のファイルを一つ一つ読み取り不可能な状態にしていくのは、とても大変です。

その点ストレージは、フォルダを丸ごと読み取り不可能な状態にする事もできます。わざわざ手間をかけて、1つ1つのファイルを読み取り不可能にする必要もありませんから、とても便利です。手軽にセキュリティ性を高められる訳です。

ですからオンラインストレージの暗号化とは、暗号鍵というものを使用して、保存したファイルを読み取り不可能な状態にする事です。ストレージは、誰か悪意のある人物が使用している可能性もありますし、安全性が不安になってしまう事もあります。しかし暗号機能を活用すれば、簡単には読み取れない状態になるので、とても便利です。