本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

無料のオンラインストレージがオススメされない理由は?

インターネット上にあるデータを保管するスペースを借りて、好きなように利用できるサービスをオンラインストレージといいます。このサービスは手元のデータをオンライン上にアップロードして、自分だけではなく誰でもどこでもダウンロードできるようにするサービスです。
もちろん、パスワードやIDが必要となるため、しっかりとした利用制限をかけることが可能です。パソコンだけではなくスマートフォンでも使用できるため、さまざまなシーンで大活躍してくれます。

なお、こちらのサービスは費用を支払わずに利用できる場合もありますが、もしもビジネスで使うのなら、きちんと考えた上で使用を開始しましょう。それは、ビジネスとプライベートで使うのはまったく違った意味を持つからです。

 

ビジネス用に使うのなら有料のほうがよい

オンライン上にストレージ(保管スペース)を借りたいと考えた場合、いろいろなサービスが見つかるため、どれにすればよいのか迷うはずです。もしも、プライベートで個人的に使うのなら、深く考えずに好みで選んでしまってもよいでしょう。お金を支払わずに利用可能なサービスがいくつもあるので、一つひとつ試していって、自分に合ったものを選ぶこともできます。アップロードやダウンロード、そしてアカウントの作成もタダなので、遠慮せずにどんどんと申し込みましょう。

しかし、ビジネスに使うのなら、何か問題があったときは、自分だけが被害を受けるだけではなく、会社にも損害を与えることを知っておかなければいけません。何らかのアクシデントで、ストレージに保管していたデータが消えてしまった場合、大変な事態になることは容易に理解ができるはずです。それを避けるためには、ビジネス用にたくさんのサポートが付属する有料のサービスを使うのが、もっとも確実で安心できる方法だといえます。

無料と有料のサービスには、それぞれに適している使い方があるので、きちんとそちらを把握した上で利用を開始しましょう。

 

無料と有料の違いを知ってから契約を

お金をかけずに使えるオンラインストレージの一番の利点は、当たり前ですがの費用を支払わずに済むことでしょう。SDカードやUSBメモリで同じ容量の製品を購入すると、そこそこの金額になってしまいます。しかも、それらの製品はデータを読み取るときに、端末に装着しないといけないため、基本的には一人のみしか使えないでしょう。
しかし、サービスを利用すれば、大容量の保管スペースをタダで借りられますし、オンラインでダウンロードするため、わざわざ端末に機器を装着する必要はありません。これらのことをタダで使えるのですから、プライベートで利用するには、十分過ぎるほど充実しているサービスだといえるでしょう。

一方の有料のほうの利点は、基本的なサービスが揃っていることに加えて、オプションサービスも充実していることです。セキュリティが万全なことはもちろん、アクセス制限などの機能も一通りあるため、社内の全員ではなく一部のみに公開することもできます。したがって、アクセスできる人間を指定すれば、少人数のプロジェクトにも便利に活用できます。
ただし、ビジネスに使うのなら、ビジネス用として提供されている有料サービスを活用しましょう。使える容量を増やすためにお金を支払うサービスがありますが、それでは有料であってもビジネスに適しているとはいえません。ビジネスに特化したサービスがいくつかあるので、いろいろと比較して、会社にピッタリのものを用意しましょう。

 

有料サービスを選ぶときにやるべきこと

有料サービスはお金を支払わなければ利用できないので、それぞれの機能を比較するのは難しいと考える方もいるかもしれません。しかし、ビジネス用にサービスを提供してくれる多くのところでは、費用を発生させずに利用できる体験期間を設けてくれています。そちらを利用すれば、実際の使い勝手をしっかりと確認できるので、会社に最適なサービスを選び出せるでしょう。

なお、体験期間を利用するのなら、機能だけではなくサポートについてもしっかりと体験しておいたほうがよいです。何かあったときに助けてくれるのがサポートなので、分からないことがあったのなら質問をして、適切な答えをくれるかどうか確かめておきましょう。タダのサービスとは違って、有料のほうはサポートも含まれている料金なので、遠慮せずにどんどん活用することをオススメします。

 

オンラインストレージはとても便利なサービスですが、種類があるため、用途に合わせて選ばなければいけません。特に無料と有料では、かなりの違いがあるので、自身の事情を考えずに、安易に選ぶのはやめるようにしましょう。
お金がかからないサービスはプライベート用と考えて、ビジネスに使うのなら多少費用がかかったとしても、ビジネス用に提供されているサービスを利用したほうが安心です。ビジネス用なら仕事の効率を上げてくれるさまざまなオプションがあるため、きちんと選定すれば、会社の収益にもしっかりと繋がります。