本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

法人向けのオンラインストレージ、利用率はどれくらい?

法人向けのオンラインストレージは、約3割以上の企業で使われています。

それは個人向けのストレージよりも高い数字で、ここ数年伸び続けてきています。

4年ほど前と比べれば、利用率の数字は10%程度増加しています。

 

 

 

最新データでは全企業の36%前後が使用している

法人向けのストレージが利用されている割合は、最新データでは36%前後になります。

ですから3社に1社程度は、そのサービスを活用している状態になります。

そのサービスを利用する理由は、各会社によって異なります。

万が一の事態が発生した時に備えて、バックアップの目的でストレージを活用している企業もあれば、ファイルの転送に関するニーズもあります。

時には業務でデータのやり取りも必要なので、その利便性を高める為にストレージが活用されている事も多いです。

一番多い理由は、データの共有です。

複数の従業員が1つのファイルを共有したい時などは、そのサービスが活用されている傾向があります。

現に上述の36%の企業に対して、アンケートも取られました。

全ての企業の中で、約58%はファイル共有を目的に使用していると回答していました。

またフラッシュメモリなどのメディア代わりに、ストレージを活用している企業もあります。

いずれにしても最新のストレージの「利用されている率」は、36%を記録しています。

ちなみにその36%という数字は、あるIT関連の企業によるアンケートの集計結果です。

情報システムの部門で働いている従業員や、一般部門の従業員に対して、ストレージを利用しているかどうかと質問された訳です。

その中の36%の方々は、法人向けのストレージを使っていると回答していました。

過去数年間でストレージの利用者が増えてきている

ところで上述のアンケートを取っているIT企業は、定期的に調査を実施しています。

しかも実に4年ほど前から、そのアンケートは続けられているのです。

その4年前の数字ですが、「法人向けのストレージを使用している」と回答していた企業担当者は、全体の21%を記録していました。

ですから4年前と比べれば、数字が大きく上昇した事だけは間違いありません。

実際その翌年にも、ストレージの利用の率に関する数字は、増加しています。

31%を記録していたからです。

ですから3年前の段階で、4年前よりは10%ほど数字は伸びていました。

3年前に、利用者は大きく増加していた訳です。

上述のように、「WEBでファイル共有するのが望ましい」という姿勢の企業はその頃、増加しました。

そして最新の数字は36%なので、多少は伸びた形になります。

この数字が示すのは、「少なくともここ数年でストレージを利用する企業は、増加した」ということです。

とりわけ3年前は10%ほど数字が伸びています。

ただし上述の数字は、業種によって若干の差があります。

業種によっては、ストレージを利用している法人が、比較的多いからです。

例えば士業の方々です。

というのも3年前に、士業の方々を対象にストレージのアンケートが行われました。

その結果、その職業の法人の約37%前後は、普段から業務でストレージを使用していると回答していました。

ただ、それは士業という業種の数字です。

他の業種ですと、それよりも低い数字を記録している事もあります。

普段からWEB回線を使用しない企業なら、ストレージを使っていない事もあります。

ただ全体平均は、36%を記録している訳です。

個人よりも法人向けのストレージの利用者が多い

なお上述は、法人向けのストレージに対する数字です。

個人向けのストレージですと、利用されている率は若干低めな傾向があります。

実際過去には、個人向けのストレージの利用状況に関するアンケートも行われました。

普段から仕事でストレージを使用している方々に対して、個人向けと法人向けのどちらを使用しているかというアンケートが、過去に実施された事があります。

それによると、個人向けと回答した方々は、全体の47%前後を占めていました。

それに対して法人向けは53%を記録しています。

もちろん、それは個人向けよりは法人向けの利用者が多い事を示しています。

個人向けと法人向けは、それぞれサービス内容も異なりますが、基本的には法人向けの方が高機能です。

ですから多くの企業では、高機能なストレージを利用している事が読み取れます。

なお上述の36%という数字は、最新アンケートの集計結果になります。

今後状況が変化すれば、その36%という数字が変わる可能性はあります。

果たしてその数字が増加するか減少するかは、現時点では不明です。

少なくとも現時点では、3社に1社程度は法人向けストレージを利用していることは確実です。

 

いずれにせよオンラインストレージの利用率は、36%という数字を記録しています。

業種によって若干の違いもありますが、おおむね3社に1社ぐらいです。

少なくとも過去数年間で、その数字は伸びてきていますが、今後の状況によっては更に数字が増える可能性もあります。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ