本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージの情報漏洩リスクを下げるには?

ファイルサーバーが老朽化しているにも関わらず放置していると、大切なデータが消えてしまうというトラブルも起きるので、新しくしようと考えるのが一般的ではないでしょうか。

その際には、オンラインストレージを導入するというのが今の時代の主流となりつつあります。

インターネット上でデータが保管できるディスクスペースであり、自らハードディスクなどを用意しなくても、インターネット環境があればバックアップをとることができるようになっており、クラウドサービスとも呼ばれています。

難しく考えてしまいがちですが、原理はUSBメモリーや外付けのハードディスクと同じと考えて問題はありません。

サーバーにデータをコピーして保存するものであり、USBメモリーやハードディスクのようなものはなく、クラウド上にあるという特徴があります。

インターネット上のサービスということもあり、ログインが必要であり、それぞれのサービスでアカウントの登録も必須となります。

USBメモリーのように紛失してしまったり、外付けのハードディスクのように衝撃によるダメージなどでデータが消えたりなくなるリスクはありませんが、手元にあるわけではなくストレージではないので、情報漏洩が不安という人も多いのではないでしょうか。

USBメモリーや外付けハードディスクのように、手元にあるというわけではないことにより、万が一IDやパスワードが知られてしまうとログインされてしまい、データが漏れてしまい恐れがあることは確かです。

情報漏洩のリスクを下げるためにはどうすればよいかを知っておくことが大切になってきます。

業者選びが最も重要となってくる

社内はもちろん社外のユーザーともファイルを共有することができるのも特徴の一つであり、便利なポイントです。

しかしメリットである簡単な操作でファイルを公開できるという点は、重要なファイルやデータを無関係な第三者に公開してしまう危険性がある、というリスクでもあります。

一口にクラウドサービスといっても、需要が高まると同時に業者の数も多くなり、サービスによってはユーザーを指定しない共有というものもあり、この場合には誤操作があればそれだけで重要なファイルを誰にでも閲覧されたり、ダウンロードも可能な状態にしてしまうということにもなりかねません。

一度情報が漏洩してからでは手遅れとなってしまうので、オンラインストレージの操作はこのようなリスクを伴うこともあり、回避するための対策をしっかりと行っておく必要があります。

しかし、まずは業者選びで失敗しないことが重要であることは確かであり、複数の業者を比較してから選ぶようにしましょう。

無料のサービスもあれば有料というものもあるので、選ぶ際には無料なものが良いと考えてしまいがちですが、金銭面の違いのみで判断するべきではないことは確かといえます。

業者選びでチェックすべきポイント

業者により異なる点は多岐に渡りますが、情報の漏洩というリスクを回避するためにも、セキュリティーに問題はないかということは必ずよくチェックしておかなくてはならないポイントとなってきます。

ウィルス対策がしっかりとされているのかはもちろん、ファイルが暗号化されて保管されているのか、アップロードされたファイルのウィルスチェックはされているのかなと確認しておかなくてはならないポイントは多岐に渡ります。

利用者がファイルを共有する際には、情報の漏洩を防止するセキュリティー機能があるのかという点も比較しておくべきです。

ウェブサービスの規制やブロック

情報の漏洩リスクを回避するための方法の一つとし、ウェブサービスの規制やブロックという方法があります。

しかし全てのウェブサービスの規制やブロックをしてしまうと、業務の効率性や利便性を損なってしまうなど不便になってしまう点もあります。

その場合には全てのウェブサービスの規制やブロックをするのではなく、不要なサービスの利用は止め、必要なサービスは使あるようにできないのかを確認するようにしましょう。

 

国内外様々な業者が存在しており、それぞれに利用する際に必要となる料金や保管できるデータの規模など異なる点が多いですが、個人か法人かは問わず、大切なデータを保管する場となるからこそ、セキュリティー対策が万全というところを選んでおくことが、最も大切になってくるのではないでしょうか。

プライバシーに関わる情報はもちろん、重要なビジネスに関する情報が漏れたとなれば一大事ということは確かです。

規模が大きく長年の運営で実績が豊富にあるなどの場合となれば、よほどのことがない限りセキュリティーは万全といえますが、万が一のことを考えると、機密性が高いデータはオンラインストレージでは不安と感じるのは当然のことといえます。

しかしこれからの時代さらに需要は高まり身近で便利な存在となっていくからこそ、情報の漏洩を避けるためにも信頼できる業者を選んで利用することが大切ということは確かではないでしょうか。

サイト内検索

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ