本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

法人向けクラウドストレージのセキュリティは安全?

法人向けクラウドストレージのセキュリティは安全?

 

現在インターネットを始めとするIT機器を導入して業務を行っている企業は非常に多いです。
そんなときに活用できるのが法人向けクラウドストレージサービスですが、中にはセキュリティが気になってしまい、導入を躊躇する企業も少なくありません。
そのためまずはそれぞれのポイントについて確認しておくと良いでしょう。

 

 

クラウドストレージとは何なのかを知る

クラウドストレージとはその名の通り、インターネット上に存在する保管庫のようなものです。
通常社内で情報共有を行うために、ハードディスクを始めとする保管庫、つまりストレージを設置した場合、費用を始めとする様々なコストが発生します。
また定期的なメンテナンスも必要で、専門的な部門が設置されていない場合、業者に依頼を行いメンテナンスを行わなければなりません。
メンテナンスが行われている間、ストレージにアクセスできず、業務が滞ってしまう可能性などもありました。
しかしクラウドを利用した場合、それらの問題に直面することなく解決することが可能です。
専門の業者がストレージの構築や維持、メンテナンスなどをしっかり行ってくれるため、企業側は契約を行うだけで直ぐに利用を始めることが可能です。
また現在契約しているストレージの容量が限界になった場合、またはあまり利用しないため容量が余っている場合などは契約を変更するだけで即時に対応することが可能です。
更に社内だけでなく、外部からも接続することができるため、支社との連携がやりやすくなるだけでなく、顧客先や出張先と行った様々な場面で活用することが可能です。
自社にデータを保管していた場合、災害などによって破損する危険性がありますが、クラウド上に保存しておけばそんな心配をしなくてよくなるのもメリットの一つです。

 

肝心のセキュリティはどのようなものか

クラウドを利用したストレージサービスにおいて、セキュリティ対策は非常に重要です。
自社の機密データだけでなく、顧客情報を始めとした個人情報などを保管する機会も多いため、対策をされていなければ不安と感じるのは当然のことです。
そのため各業者では様々な対策を行っています。
まず基本的な対策として、データ通信時には暗号化を行い、機密性を高めているという点です。
そのため外部から攻撃されても情報流出してしまう可能性が極めて低く、企業にとって最も困る情報流出という事態を避けることが可能です。
また業者の社内管理部門によって24時間アクセスログ管理を行い、異常があった場合には速やかに対策が取れるのも魅力です。
特に最近では無料で利用できるストレージサービスでもそれらの対策を実施している業者は多く、選択肢が幅広いというメリットもあります。
更にアクセスする際にIDやパスワードが必須となるのは当然として、登録されている接続回線が違うといった異なる環境下でのアクセスには認証が必要であったり、編集やダウンロードの際にもワンタイムパスワードが必要なサービスも存在します。
このように複数の方法でしっかり対策されていますが、その場合においても注意しなければならないポイントがあります。

 

クラウドストレージを利用する上での注意点

クラウドを利用したストレージサービスを利用する上で得られるメリットは数多く存在しますが、注意しなければならない点も存在します。
①まず挙げられるのが業者による違いで、各業者が独自のサービスを行っているため、似たようなサービスであっても料金が異なることがあります。
②また無料で利用しているストレージサービスの場合、有料契約プランに比べると対策が控えめに設定されていることがあります。
これは利用前の登録の時点で無料と有料の違いについて記載されている事が多いため、実際に利用を始める前に確認しておくと良いでしょう。
③また無料で利用している場合、一定期間アクセスがなかったファイルなどについて削除されてしまうことがあります。
こちらも契約時に記載されているため、無料プランを利用する場合は保存期間などについてもしっかり確認しておくことが重要です。
④次に挙げられるのが社員の意識改革です。
情報流出を恐れるあまり、厳重な対策をしてしまうとどうしても利便性が損なわれがちです。
そのため中にはアクセスしやすいようにワンタイムパスワードの設定を行わなかったり、自身の個人的なデバイスなどに保存した結果、そこから情報流出してしまう危険性も考えられます。
特にクラウドを利用したストレージサービスはそれらの対策を個人個人がしっかり行わなければ自社ストレージよりもセキュリティが悪化してしまう可能性もあります。
そのような事態を避けるためにも自社社員がしっかり意識改革を行えるよう研修などを行っていくことをおすすめします。

〇まとめ
このようにクラウドを利用したストレージサービスを利用することで得られるメリットは非常に大きいものがありますが、注意点も数多く存在します。
まずは導入する前にそれらの注意点をしっかり押さえ、今後サービスの利用をしてくことをおすすめします。