本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

自作でオンラインストレージを作れる?

様々な端末を使っていると、重要なデータやファイルを端末間で共有したい場合がでてきます。

利用シーンによって格納場所が異なっていたりすると、使い勝手が悪かったり消失や上書きなどにより、必要が情報を利用できなくなるリスクもあります。

グループで利用する場合にも、USBメモリなどにいったんコピーして渡すような使い方を未だにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような状況を改善するために、オンラインで利用できるファイルサーバーが注目されています。

専用のサービスとして提供されているものがありますが、満足のいく機能を利用するためには有料プランへ移行する必要があるでしょう。

費用をなるべくかけたくないニーズもありますので、そんなときは自作でオンラインストレージを作ってみることをお勧めします。

使わなくなった古いパソコンを活用して、カンタンに作ることができますのでおすすめです。

オンラインストレージとは?ファイルサーバーの基本

パソコンやスマホなどの情報端末を活用する上で、データの記憶領域が気になることがあります。

記憶容量が不足したり、特定の端末に保存されているファイルやデータをうっかり削除してしまうことがあるからです。

また目的のファイルを探すのに時間がかかって面倒である等、さまざまな不満を持つ場合があります。

そこでオンライストレージを活用すると、パソコンやスマホなどの活用度が高まり便利になります。

特に端末の通信速度がアップしたり、周辺機器の性能が向上したことから、より使いやすくなっているといった環境変化も追い風となっているとも言えます。

一般にファイルサーバーとも呼ばれますが、複数の端末からアクセスでき、ファイルやデータの一時的な保存領域として活用できるデバイスの総称として使われます。

スマホやタブレットもしくはパソコンなど取り扱っているデータを、サーバーに集約しておくことで、端末に依存せずにデータを記録したり参照することが可能になります。

自宅でも外出先でも情報をシームレスに管理できますので、使い勝手が向上することが理解できるでしょう。

また個人で管理するだけでなく、許可されたメンバーが共有することも可能であり有効利用が可能となります。

オンラインストレージを作成するメリットデメリット

基本の仕組みがファイルサーバーですので、管理者から許可を得た端末であれば、ネットワーク環境さえあればいつでもどこでもファイルやデータにアクセスできるのが大きな強みの一つです。

ファイルやデータを担当者間で共有する場合は、USBメモリにコピーしたものを担当者に渡す方法が一般的ですが、手間がかかったりセキュリティ上のリスク(紛失や漏洩など)が伴うなど懸念事項がありました。

その点、ファイルサーバーを使ってデータ共有すれば、デバイスの違いや距離を超えてカンタンに利用できまるので利用効率が飛躍的に高まることが理解できるでしょう。

その一方でファイルサーバーを使う上でのデメリットもありますので、ここで確認しておきましょう。

第一にネットワーク経由ですので、万が一の通信障害に備えて置く必要があります。

重要が情報をタイムリーに参照できない状態が継続すると、機会損失が発生するだけでなく企業活動にもマイナスの影響を与えてしまう可能性があります。

このような不測の事態に対応するためには、専任の管理者を配置する必要があります。

オンラインストレージを自作するのは意外とカンタン?

オンライン上でストレージを利用するためには、すでに提供されているいくつかの専用サービスから選ぶのが最もカンタンです。

フリープランがお手軽ですので最初に使ってみると良いでしょう。

ただし容量やスピードの面で不満を持つかもしれません。

またちょっとした個人用途で使いたいケースでは、アップグレードして費用をかけるほどではないと考える方もいらっしゃるでしょう。

そこで使わなくなったパソコンやHDDを活用して、オンラインストレージを自作する方法をご紹介しましょう。

windowsなどの汎用OSならば、ファイル共有のしくみが標準で備わっていますので、各種端末からネットワーク・ストレージとして利用することができます。

スペック不足で眠っていたパソコンを活用する道が開け有効に利用できますので、記憶容量の不足や使い勝手で不満を持つなら是非とも活用することをお勧めします。

さらにより高度なストレージとして使うなら、サーバーとして立ち上げる方法もありますが、設定が難しいと感じる場合もあります。

サーバー機能をよりカンタンに使えるサイトを利用することもできます。

まとめ

複数のタイプの情報端末をシームレスに使うためには、オンラインストレージの活用が有効であることをお伝えしました。

専用サービスを契約することもできますが、満足のいくスペックで使うためには有料プランが必要となることが多いのが難点です。

もし費用をあまりかけずに利用したいのであれば、自作してみることをお勧めします。

使わなくなったパソコンを活用して、ネットワーク上でカンタンに使える共有ストレージを構築することができますのでお勧めです。