本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

オンラインストレージがサーバーダウンを起こしてしまう原因は?

オンラインストレージは、サーバーダウンの状態になってしまう事が、稀にあります。理由は複数あって、例えばスクリプトに関するミスです。

また、サーバーに対する負荷が増大した時や何らかの攻撃を受けた時にも、ダウンしてしまう場合があります。

 

 

スクリプトが間違っているとダウンする

ストレージというサービスは、たいていスクリプトが使われています。スクリプトは、普段よく見るホームページなどでも使用されています。沢山のホームページを見ていくと、やや特殊な演出を見かける事もあります。他のサイトではなかなか見かけない演出なので、自サイトを目立たせたい時にはスクリプトが使用される事も多いです。そしてスクリプトは、多くの文字によって形成されています。そもそもホームページに書かれている内容にしても、テキスト文字が沢山使われています。それと同様に、スクリプトにも沢山の文字が使用されている訳です。

ストレージというサービスも、それは同様です。現にストレージというサービスは、一般的なホームページとは明らかに見た目が異なります。特殊なスクリプトが採用されているからです。ところでスクリプトには、正確性が求められます。間違った記述があると、何らかのトラブルが発生する場合があります。そもそも一般的なホームページにしても、たまに閲覧上のトラブルが発生しています。スクリプトのエラーが発生したのでホームページは正常に表示されませんというメッセージをたまに見かける事もあります。その原因は、スクリプトの一部が間違っているからです。ストレージというサービスも、それは例外ではありません。スクリプトの一部分が間違っているとサーバーがダウンしてしまう事があるのです。

サーバーに対する負担が原因でダウンする

ところでストレージというサービスは、容量に大きな特徴があります。非常に多くのデータを保存できるからです。ストレージは、一般的なハードディスクよりも多くのデータを保存できる事も多いです。中には、容量が無制限のストレージサービスもあります。このためストレージの使用者は、多くのデータを保存しています。例えば動画ファイルです。画像などは比較的ファイルサイズが大きいですが、動画も例外ではありません。再生時間が長い動画ですと、ファイルサイズはかなり大きめになります。またアップロード量なども、かなり大きくなる傾向があります。サイズが大きなファイルが保存された時には、サーバーに対する負担も大きくなってしまう場合があります。

ところでハードウェアなどは、多くのデータが保存されています。それに伴い、動作が重たくなる場合があります。例えば1TBのハードディスクの中に800GBの大容量ファイルが保存された場合、たいていハードウェアの動作は重たくなってしまいます。大きなデータが格納されると、ハードに対して多くの負荷が生じて、動作が重たくなってしまう訳です。ストレージというサービスも、それは同様です。何らかの負荷が生じるとサーバーがダウンする事はあります。

外部からの攻撃によってダウンする

ところでストレージというサービスは、攻撃を受ける事も稀にあります。標的型攻撃などは、その一例です。ストレージというサービスは、基本的にはセキュリティ性も充実しています。暗号化なども採用されていますから、簡単には外部から攻撃されないシステムになっています。しかしハッカーによっては、それでも外部から攻撃してくる事があります。しかも、かなり複雑な手段で攻撃してくる場合があります。情報抜き取りなどを目的に攻撃してくる可能性もある訳です。

ところで上述の通り、ストレージというサービスは、サーバーに対する負荷でダウンしてしまう事があります。外部からの攻撃も、例外ではありません。悪意のある人物が複雑な攻撃をしてきた時は、サーバーに対して多くの負担が生じ、ダウンしてしまうケースもたまにある訳です。無論、セキュリティ性が充実していないストレージは外部からの攻撃を受けやすいので、ダウンする可能性があります。つまり「サイバー攻撃」も、サーバーがダウンする原因の1つです。