本当におすすめな法人向けクラウドストレージ(オンラインストレージ)はこれ!比較ランキングで紹介!

ユーザー数無制限の法人向けオンラインストレージはある?

オンラインストレージはデータの保存ができるというだけではなく、ファイルの共有や共同作業も行うことができ、複数人で一つのプロジェクトに取り組む際などに、より迅速に業務を進めることができるという魅力もあります。

そして各業者のサービスの比較ポイントとなるのは金銭面の違いやデータ容量の大きさの違いではないでしょうか。

有料のものもあれば無料のものもあり、比較には欠かせませんが、それだけではなくユーザー数はどの程度なのかということもチェックしておきましょう。

 

ユーザー数無制限のタイプはある

どのような基準で選べばいいのかわからず悩むのは当然のことであり、比較しなくてはならない項目は、価格やセキュリティー、サポート体制など数多く存在しています。

その中でも見落としがちで有り余り最初は気にしないというのが、人数制限の有無ではないでしょうか。

個人での利用となれば気にする必要はありませんが、法人での利用となれば社内や社外など、どの程度で共有が必要となるのかはしっかり考えておかなくてはなりません。

成長を広げている企業となれば、データ量が日々増えていくだけではなく、社員も日々増えていくことになり、その際にはユーザー数無制限で使えるかどうかはかなり重要なポイントとなってきます。

無制限で使うことができるサービスを提供している業者も数多く存在しているので、事前にしっかりチェックしておくようにしましょう。

利用開始時には人数に余裕があっても、企業の成長により足りなくなってくるケースは珍しくはないので気をつけなくてはなりません。

後々人数が増加して追加料金が発生していくとなれば、最初から無制限のものを選んでいた場合よりも、トータルの出費が大きくなってしまう可能性が高いのでよく考えて選ぶようにしておくべきではないでしょうか。

 

制限がある場合の注意点について

人数に制限があるタイプは、社内や取引先の人数の増加をした場合には、オンラインストレージの人数も増やしていかなくてはならないことになります。

その場合には、一人当たりいくらの課金が必要になるのかを確認しておくようにしましょう。

容量に注目して選んでしまいがちですが、データ容量がそれほど大きくない場合には、データ容量の大きさで選ぶのではなく人数制限があるのかないのかをチェックする方が大切です。

共有することができるというのは大きな特徴であり魅力ですが、データに対する編集や閲覧の権限をしっかりユーザーごとに指定することができなければ、誰でも簡単に消去することが可能となってしまうので誤って消去してしまうリスクも高まります。

誰が消したのかという責任がわからなくなってしまうというリスクもあります。

法人などプロジェクトの際にチームで利用するとなれば特に、編集や閲覧の権限を管理しておくことが大切であり、管理者を何人設定できるのかということも確認しておく必要があります

 

人数制限がない場合の注意点とは

人数に制限がない方が、使い勝手が良いと考えてしまいがちですが、一概にそうとは言えません。

かなり重要なプロジェクト内容などの場合には、人数はきちんと制限されていた方が管理もしやすくなり万が一の事態が起きた時に、誰のミスが原因なのかも早い段階で特定することができるようになるので、事態の悪化を防ぐことができます。

インターネット上で保管するということは、とパスワードやIDさえ手に入ればどこからでもアクセスが可能ということであり、一人ひとりのセキュリティー意識を高めておかないと、どこから情報が漏れてしまうかわからないという大きなリスクもあります。

人数に制限がないことにより、誰もが簡単にアクセスできる可能性が高まり、そのことになかなか気がつくことができないということにも繋がるので、十分気をつけるようにしておく必要があります。

 

オンラインによるストレージは、今の時代ではかなり身近であり、今後さらに需要が高まっていくことは間違いないといえるのではないでしょうか。

無料のタイプもあれば有料のタイプもあり、どれが良いかで悩んだ際には金銭面の違いを比較するのは当然のことでしょう。

有料の場合には毎月いくら必要となるのかに注目しがちですが、人数に制限があるタイプのものとなれば後々追加の料金で予定外の出費となってしまうことにもなりかねません。

特に、成長段階の企業の場合には、社員数の増加や取引先の増加のことも考えておくべきであり、無制限のものが適しているケースが多いといえます。

サイト内検索
クラウドストレージ関連コラム

法人向けクラウドストレージおすすめ5選

商品画像
商品名ixMark(イクスマーク):株式会社フェアーウェイ
box(ボックス)どこでもキャビネット:大塚商会クラウドファイルサーバー:富士通dropbox(ドロップボックス)
特徴業界一のコストパフォーマンスで初めての導入にも最適ITに強い企業におすすめ!好みにカスタマイズできる低コストで導入可能!初めてのクラウドストレージにも容量少なくても平気なら社員数が多い企業におすすめ!容量無制限で簡単に共有、他サービスとの連携も魅力的
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ